大注目しているレーシックNAVIGATION

大注目しているレーシックNAVIGATION

「大注目しているレーシックNAVIGATION」ではとってもわかりやすくレーシックに関する情報をお届けしています。
見逃すことのできないお役立ち情報を是非参考にしてみてください。レーシックで視力の回復をすることが出来たら時、貴方の日常生活に大きな変化が訪れることでしょう。
裸眼で街中を歩いたり、テレビを観ることの出来る喜びというのは、きっと誰もが幸せに感じるハズです。

 

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。

 

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。

 
復縁
http://magic-fukuen.com/




大注目しているレーシックNAVIGATIONブログ:2014年09月01日
私の仲間のパパが亡くなった。

仲間のパパが病気で入院したのは最近のことで、
けれど、先月、病状は悪化し危篤となり、
7日間後に、亡くなられたのだ。

その7日間、
仲間はずっと病床でパパを看病していた。
兄弟の中で、唯一、自由が利く職業だったから、
それは本当に幸運だったと言いながら、
本当に貴重な7日間だったと話してくれた。

仲間のパパは、自ら事業を興した人だった。
とても苦労をした人だったという。
そして、一心に仕事をする人だったという。

仲間もまた、自ら事業を興し、
仕事を一生懸命やってきた。
その原点は、やはりパパだった。

7日間の間、あらためてそれを思い出した。
そして、パパが今までしてくれたこと、
自分達にかけてくれた愛情について思い出し、
どれほどパパが愛を持って接してくれたかを感じたそうだ。

それは、
パパにお礼が言いたいという
思いになっていった。
けれど、なぜか言えない。
どうしてか言葉にできない…

「ありがとう」
それが言えたのは、
心音が消えたその瞬間だったそうだ。

仲間の話を聴きながら、
もし、自分のパパが倒れて、
その最期を看取ることになったらどうするだろうと思った。

そんなこと、具体的に考えたことがなかったことに
私は気がついた。

私のパパは、愉快な人だし、
話す時は大変饒舌になるが、
自分の真の心の内を語ることは少ない人だ。

パパが今まで苦労してきたこと、本当に辛かったこと、
そして、私自身が今まで生きてきて辛かったこと、してほしかったこと…
そうした会話をきちんとしたことは一度もなかった。


大注目しているレーシックNAVIGATION モバイルはこちら